「ほっ」と。キャンペーン

タグ:黄檗山萬福寺 ( 4 ) タグの人気記事

ダンマパダ

b0219623_20252015.jpg


友松園諦:訳「法句経」講談社

もう、ずいぶん前に買った本。
中学の時だったか、原点にこそ価値がある
と云う考えに取り憑かれて、できるだけ原点と接しようと思った時期があった。
ポポルブフの翻訳本を読んでみたり、
旧約聖書を読んでみたり、
そして仏教ではブッダの言葉を一番最初に編纂したと言われる、
法句経
を買ったのだった。

最近、縁あってまたこの本を手に取った。
前回読んだのが買った時読んだ時だったが
内容のほとんどが難解すぎて1/3しか読めていなかった。
(例によって自作の読書カードが1/3の所に挟まったままだった)

大経、観経、いろんなお経があるけど、法句経が一番好き
と、思った時期もあったのに。そして書籍としての「法句経」は
自宅の本棚に、目の前にずーっとあったのに。
ちらちらと背表紙に目をやることもあったのに、
ずーっと手に取らずにいたのだったけど。

この日、ぼくは黄ばんだ古い法句経を手に取り
読み始めて、たった1日で半分も読み進め
背伸びして買ったけど理解できなかったあの頃よりも
いろんな経験をしていろんな人を見てきて
ようやく今になって、法句経の中身を理解できる自分に気づいた。

「他人の邪を観る無かれ
他人のこれをなし、
かれの何をなさざるかを
観る無かれ
ただ己の何をなし 何をなさざりしを想うべし」

「無益の句よりなる、その言葉
たとえその数 千ありとも
それを聞き 心のやすけきを得る意味深き一句こそ
はるかにも勝る」

「旅に行きて
自己に勝り
はた
自己に等しき人に
逢うことなくば
むしろ独り行くことに心を固めよ
愚かなるものを 友とすべきにあらず」

う〜ん。アドラーだなぁ。。ブッダの言葉ってアドラーに通じるものがある。
[PR]
by galleryF | 2017-01-28 20:28 | 読書感想 | Comments(0)

K-5 IIs 銀残し習作3

Pentax K-5 IIs + A 50mm F1.2 Special 一本勝負、「黄檗山萬福寺」最終エントリです。
b0219623_2203713.jpg

b0219623_2221927.jpg

b0219623_224334.jpg

b0219623_2264176.jpg

b0219623_2293379.jpg

b0219623_22142388.jpg

b0219623_22161765.jpg


総論
仏閣においては「銀残し」はなかなか使える。
雰囲気もあるし、重厚なモノクロという感じ。
しかし当然のことながら、多彩な色は捨ててしまうので本来の色は出せない。
そこを割り切れるかどうか、が使いこなしのポイントかも知れない。

K-5 IIs 今の時点で気になったこと
個体差かも知れないが、ぼくの K-5 IIs は液晶下部がややたわんでいるような感じを受ける。
液晶自体にモアレが生じているからだ。
また、測距点選択レバーが固すぎる。
セレクトを選んでも切り替わってくれず、シングルのままということが多々あった。
セレクトになったかどうかはライブボタンを押せば分かるが
ライブボタンを押した状態でセレクトにするのがなぜか難しい。
接点異常かもしれない。
ピント合焦アイコン頼りで撮ったが、なぜか全てやや前ピン。
前ピンということは選んだ地点はピンぼけということなので調整を行ないたいところ
AF微調整という項目はあるが、MF微調整という項目はないので
ちょっと取説を読まねばならない(今までは読まずに撮影に臨んでいた)。
[PR]
by galleryF | 2012-11-06 22:19 | 撮影日記 | Comments(0)

K-5 IIs 銀残し習作2

昨日のエントリ「萬福寺」の続きです。
b0219623_19442840.jpg

b0219623_19455727.jpg

b0219623_19474980.jpg

b0219623_19491876.jpg

b0219623_19513191.jpg

b0219623_1954505.jpg

b0219623_19594729.jpg

b0219623_202046.jpg

b0219623_2063792.jpg

b0219623_208493.jpg
b0219623_20122311.jpg
トリミング100%
b0219623_20171958.jpg

[PR]
by galleryF | 2012-11-05 20:18 | 撮影日記 | Comments(2)

K-5 IIs 銀残し習作

K-5 で初めて備わったカスタムイメージ「銀残し」がよくわからないので
A 50mm F1.2 Special 一本勝負、「銀残し」オンリーで黄檗山萬福寺へ行って来ました。
ここは観光客が少ないので MF レンズでも焦らされずゆっくりピント合わせが出来るのです。
とは言え乱視のぼくには f1.2 のピント合わせは至難の業なので
ファインダー内情報で出るピントOKのアイコン頼りでしたけど。
b0219623_1858272.jpg

b0219623_192304.jpg

b0219623_1945229.jpg

b0219623_1973998.jpg

b0219623_19124858.jpg

b0219623_191574.jpg

b0219623_1917454.jpg

b0219623_19221515.jpg

[PR]
by galleryF | 2012-11-04 18:58 | 撮影日記 | Comments(2)

京都ぽたぽた歩き
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28