「ほっ」と。キャンペーン

アカイ

b0219623_18185885.jpg

3年使い倒した、iPod touch G5 のバッテリーがいよいよダメになったので
新しいiPodが欲しかったのだが、iPhone 7 は発表されたのに、iPod touch G7 は出なかった。
仕方なく、去年発売された iPod touch G6 をポチし、昨夜到着した。

1日使ってみて、G5 と比べて G6 は、、
良いところ
動作がきびきび
画像処理の時間が短くなった。
Fotor HDR で撮影すると、明暗2枚のショットを1枚に合成するのだが、
G5 は合成している間、電源を入れたままの iPod touch を手にして数歩
ひどい時は十数歩歩けるほどの時間がかかった。
合成して、保存するとあっという間にバッテリーが残り20パーセントを切り
緑が赤になるので、写真はせいぜい2枚が限度だった。
それはぼくは Fotor HDR が重いせいかと思っていたのだが、
それもあるだろうが、今日撮ってみたら歩くどころか撮影後すぐに合成が始まり
バッテリーが新品ということもあるが、結構な枚数撮れる。

ワイファイにつなげてメールチェックする場合
G5: ワイファイをオンにする。メールをタップして起動する。一旦メールボックス画面に戻り、受信ボタンを押すと受信開始。
G6: ワイファイをオンにする。メールをタップして起動したらもう受信している。

悪いところ
iOS 10 になり、ワンテンポ遅くなった。
G5:電源ボタンを押してロック画面表示、画面をスライドさせたら暗証番号入力画面
G6:電源ボタンを押してロック画面表示、しばらく待つとホームボタンを押せと出るから押したら暗証番号入力画面。

シャッター音がでかい。
G6: Fotor は HDR の為、シャッターを2回切るのだが、その音が「バシャバシャ」という感じで
自分だけじゃなく周りにも撮りましたアピールでもしているのかと突っ込みたくなるほどでかい音がする。
G5: 同じ Fotor でも自分だけに聞こえる音だった。周りにも聞こえるだろうが、それほどでかいという
感じではなかった。
[PR]
by galleryF | 2016-11-11 18:35 | iPod touch | Comments(0)

アオサギ

b0219623_20205971.jpg

[PR]
by galleryF | 2016-06-02 20:21 | Fujinon | Comments(0)

はもん

b0219623_19342935.jpg

ズームレンズはあまり使わないぼくだが、
桜の季節にはこの Fujifilm X-S1 をよく使う。
ズーム比がでかいというのが最大の理由だ。
桜は川向こうの土手に植えられていたり、
手すりの向こうに植わっていたりするからね。

あいかわずAFはオタンコだが、合いさえすれば
レンズの性能はいいのでこの通り、なかなかいい色を出してくれるんである。
[PR]
by galleryF | 2016-04-06 19:38 | Super EBC Fujinon | Comments(0)

b0219623_10243978.jpg

Fotor を使うようになってから、
出来上がりを予想して写真を撮るスタイルが生まれてきた。
なんでもない風景も陰影を濃く、彩度を上げる仕上がりになる。
いろいろ試した結果、好きなエフェクトが決まり、そればかり使うようになると
どんな風景がドラスティックに仕上がるかという予想をつけて被写体を探すようになった。
橋の上からこの風景を見たとき、重い雲が垂れ込めていたので、
おそらくこの雲が風景のポイントになるだろうと予測して撮った。

カメラでもスマホでもiPodでも、写真を撮ろうとすると覗き込む通行人がいるものだ。
これもおじさんが一人おばさんが一人僕と同じところから僕がカメラを向けている方向に
視線を向けて、僕が何を撮ろうとしているのか知りたがる人がいたが、
ごめんね、Fotor は写真を撮った後にエフェクトをかけるから
後ろから見ただけでは分からないんだよ。

「どんな写真を撮ったの、見せて」
と聞かれれば見せないこともないけれど、そんな風に聞かれたことは
かつてない。

あ、いや、一回あるか。
五条大橋から比叡山に向けて撮っていた時、
ちょっとチャラいカップルの、男性の方が
僕が撮った絵を見せてくれと言ってきた時、
僕はフォクトレンダー BESSA-L を使っていたので
カメラの後ろを向けてモニターがないから見せられないんですよ
と言ったらすごく驚いた顔をしていたっけ。

モニターがないカメラを知らない様子だった。
ていうか、フィルムカメラですよと言ってもわからない様子だった。
フィルムカメラを知らない、もう覚えていない人がいるってことに
僕の方がびっくりだよ。

ところで
[PR]
by galleryF | 2016-02-07 10:41 | iPod touch | Comments(0)

にょ?

b0219623_22282630.jpg

こにょ寒いにょに、にゃんであぬひとは走っとるにょ?
b0219623_22302014.jpg

にゃあ?お兄ちゃんもそう思うにょ?
[PR]
by galleryF | 2015-11-30 22:32 | ねこ | Comments(0)

シリーズ キラキラ

b0219623_0204476.jpg

[PR]
by galleryF | 2015-11-13 00:21 | iPod touch | Comments(0)

熱いね熱いね

b0219623_2243876.jpg

残暑お見舞い
ということで良かったのかな?(そーゆー話ではない?)

でもピントは薄いね、ノクトン。
リアルレンジファインダーを持つ R-D1s だと
こういうマジックライト時のピント合否が見えないんだ。
[PR]
by galleryF | 2015-08-28 22:08 | Nokton | Comments(0)

Elmar の望見

b0219623_79206.jpg

この鮮鋭度を見よ。
Elmar 3.5cm F3.5 である。
レンズには 35mm ではなく、3.5cm と書いてある。
絞りの数列は現代のそれとは異なる
3,5 4,5 6,3 9 12,5 18
ローレットを回す方式ではなくてレンズ前面についているレバーを
爪先で回さなければならない。

ずいぶん古いレンズなんである。

それがこの写りだ。
ぼくがNEX用によくLマウントレンズを使うのは
この小ささ、古さ、デザインが実にいいのとこの写りのせいである。

Elmar とは Carl Zeiss で言う所の Tessar のことだそうだが
テッサーといえば鷹の目。
テッサーならこの鮮鋭度は納得がいくのだが
エルマーと言うと、テッサーと同じレンズ構成といっても
なんだかもうちょっと丸いイメージがあるので
まぁ、言葉から連想するイメージというだけだが
エルマーが頑張っている感がすごくする(⌒-⌒; )

なのでタイトルは「エルマーのぼうけん」からひっかけた。
[PR]
by galleryF | 2015-05-28 07:16 | Elmar | Comments(0)

オールドレンズバグ

b0219623_20562121.jpg

Sony NEX-7 に広角系のオールドレンズを付けると
周辺部にマゼンダがかぶるというバグがある。
これはCCDに光が直角に入らないので暖色系に光がシフトしてしまうからだ。
いつもはハイコントラストモノクロを使い、色転びをごまかすのだが
今日は夕焼けもきれいだったし紅葉も、青空もきれいだったため
どうしてもカラーで撮りたかった。案の定マゼンタ被りが盛大に出たが
それならそれを逆手に取って、いろんな色をかぶらせてみたらいいんじゃね?
と開き直ってみた。
[PR]
by galleryF | 2014-11-14 21:00 | Heliar | Comments(2)

X-S1 鳥風景二題

b0219623_1947264.jpg
スズメは食べるのに一生懸命。
だけど一羽は食べる振りしてぼくの様子を横目で見ている。
ぼくが近寄りすぎたら全員に「逃げろ!」と鳴かなければならないから。
ほら、右下のあの子。
頭は下向いているのに、右目はこちらを見ているよ。

食料が少ない冬の時期。
せっかく見つけた雑草の種。
邪魔はしないよ、そっと避けたスズメの食卓。


b0219623_1952315.jpg
いつもごはんをくれるあの人が来た
b0219623_19534455.jpg
そう思って冷たくて固い石の上をわざわざ登って来たのにどうやら違うみたい。
疑いのまなざしで鴨が見上げる。
b0219623_19564256.jpg
がく〜、人違いだった。
ぼくたちの足は坂道をうまく下りられるようにはなっていないのだよ。
転ばないように足元注意して、肩を落として下っていくマガモ
ごめんね、ぼくは野生の動物にはごはんをあげないのだよ。

冷たい自然でひとの情けにすがりすぎると小さな身体に毒が溜まる。
がんばって、冷たい水に顔をつけてじぶんのごはんを捜しな?

鴨や雀や鳶、烏 気軽に与えるパンにどれだけの食品添加物が含まれているのだろう。
ほとんどふくらました羽ばかり
軽い骨に軽い頭
肉はほんの少ししかくっついていないのに
人間の食べ物を食べたばかりにどれだけの毒が身体に回るのだろう
雀の顔は皆同じに見える
人の手からもらったパンで命を落とした雀の子
あの子最近見ないわね

なんて人の子は噂しないもの
[PR]
by galleryF | 2013-02-19 20:08 | Super EBC Fujinon | Comments(0)

京都ぽたぽた歩き
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28