「ほっ」と。キャンペーン

ゆだってませんよ?

b0219623_22143084.jpg

レッドファイアーシュリンプ

緑色の水草の中で、こいつだけが異常に目立っている。
ほんのり緑色のライムシュリンプは目を凝らして動かないと見つけられないし、
ほんのり赤いミナミヌマエビでさえ、透明度が高く、見つけにくい。
この、レッドファイアーシュリンプと同時に
真っ白なスノーホワイトシュリンプ、
濃い青緑色のベルベッットブルーシュリンプも買ったのだが、
スノーホワイトは水槽に入れてしばらくは見ていたが
ベルベットブルーは水槽に入れた瞬間に環境に馴染んで全く見えなくなった。
最近スノーホワイトが全然見えないので、両者とも落ちたかもしれない。

とはいうものの、この真っ赤で目立つシュリンプが可愛いので、
何枚もこいつばかり撮ってしまう。
なかなかピントが合わないんだけど、合ったものを大画面で見ると
生きているというより湯だったエビそのもの。
それもまた、可愛いんだろうなぁ。
年内に一度水換えしてやらんといかんと考え中。

赤ちゃんエビを吸わずに水換えせんといかん。
[PR]
# by galleryF | 2016-12-26 22:22 | Olympus | Comments(0)

ベビー

b0219623_1772771.jpg

ミナミヌマエビの赤ちゃんの撮影にようやく成功しました。

帰宅→水槽の前に座る→赤ちゃん発見→カメラ取りに行く→戻る→いない
これを繰り返すこと数日。。
やっと、カメラをスタンバってから水槽の前に座ればいいのだと気付きました。
マツモの葉っぱが13ミリぐらいですから、赤ちゃんは1センチ弱ってところです。
TG4 のフォーカスブラッケットを使いましたが、これは
向こうから徐々に手前側にピント位置をずらしながら20枚ほど撮る機能です。
ところが、こういう1センチにも満たない赤ちゃんを撮るにあたって、
まず最初にピントが合うのは手前の葉っぱです。
ここからフォーカスブラケットでもっと手前にピント位置をずらされても困るんですよね。
赤ちゃんエビからどんどん遠ざかるんです。
できたら、ピント位置をずらす方向を手前か向こうか選べたらいいんですけど。
[PR]
# by galleryF | 2016-12-25 17:13 | Olympus | Comments(0)

ねこちーズ

b0219623_21294699.jpg

視線を感じて振り向いたら猫がいた。
b0219623_635714.jpg

お弁当食べてたら猫が来た。ち、近いって。
b0219623_612888.jpg

待ちます。慣れてます。いえ、どうぞおかまいなく。
b0219623_6164384.jpg

じー…。ナニしてるですか?
[PR]
# by galleryF | 2016-12-24 12:50 | ねこ | Comments(0)

いっぱい

b0219623_2265179.jpg

子供がセーターやスカートを広げて
その中にどんぐりや小石や葉っぱを
いっぱい入れて親に見せびらかす、
親はそういうものは「汚い」と思っているから悲鳴をあげる。
そんなシーンはよく目にするものだけど、

ほとけさまも結構似合うのだった。
[PR]
# by galleryF | 2016-12-23 22:10 | Limited | Comments(0)

ネコ目線

b0219623_22453357.jpg

這いつくばってネコを撮る。
この時、お尻をポコンと上げるのが人間側の正しい姿勢である。
他人の目は気にしないこと。
[PR]
# by galleryF | 2016-12-22 22:47 | ねこ | Comments(0)

プリン

b0219623_20412961.jpg

くちい、そして、ネムイ。
もう入らないのに、デザートのプリンに手をつけていない人たちの
そのプリンが気になって仕方ない。
食べないのなら、欲しい。。
でもプライドが邪魔をして「くれ」とか言えない。。

しかし、言わないで正解だった。
お開きの言葉とともに
みんな、残っていたプリンをかっこんでいた。

ああ、もっと味わって食べろよ。
烏骨鶏のプリンだぞ〜。
[PR]
# by galleryF | 2016-12-21 20:45 | Elmarit | Comments(0)

京都ぽたぽた歩き
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28