「ほっ」と。キャンペーン

<   2017年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ダンマパダ

b0219623_20252015.jpg


友松園諦:訳「法句経」講談社

もう、ずいぶん前に買った本。
中学の時だったか、原点にこそ価値がある
と云う考えに取り憑かれて、できるだけ原点と接しようと思った時期があった。
ポポルブフの翻訳本を読んでみたり、
旧約聖書を読んでみたり、
そして仏教ではブッダの言葉を一番最初に編纂したと言われる、
法句経
を買ったのだった。

最近、縁あってまたこの本を手に取った。
前回読んだのが買った時読んだ時だったが
内容のほとんどが難解すぎて1/3しか読めていなかった。
(例によって自作の読書カードが1/3の所に挟まったままだった)

大経、観経、いろんなお経があるけど、法句経が一番好き
と、思った時期もあったのに。そして書籍としての「法句経」は
自宅の本棚に、目の前にずーっとあったのに。
ちらちらと背表紙に目をやることもあったのに、
ずーっと手に取らずにいたのだったけど。

この日、ぼくは黄ばんだ古い法句経を手に取り
読み始めて、たった1日で半分も読み進め
背伸びして買ったけど理解できなかったあの頃よりも
いろんな経験をしていろんな人を見てきて
ようやく今になって、法句経の中身を理解できる自分に気づいた。

「他人の邪を観る無かれ
他人のこれをなし、
かれの何をなさざるかを
観る無かれ
ただ己の何をなし 何をなさざりしを想うべし」

「無益の句よりなる、その言葉
たとえその数 千ありとも
それを聞き 心のやすけきを得る意味深き一句こそ
はるかにも勝る」

「旅に行きて
自己に勝り
はた
自己に等しき人に
逢うことなくば
むしろ独り行くことに心を固めよ
愚かなるものを 友とすべきにあらず」

う〜ん。アドラーだなぁ。。ブッダの言葉ってアドラーに通じるものがある。
[PR]
by galleryF | 2017-01-28 20:28 | 読書感想 | Comments(0)

雪が降ってきた

b0219623_19305464.jpg

正月飾りをお焚き上げするために、神社へ行ってきた。
雨のようなびちゃびちゃな雪が降ってきた。
[PR]
by galleryF | 2017-01-24 19:39 | iPod touch | Comments(0)

裏口入社

b0219623_2110173.jpg

恵比寿神社には全く興味がないので、
裏口から入って通り抜けるだけ。
[PR]
by galleryF | 2017-01-23 21:12 | Summicron | Comments(0)

いま、「ぶたぶたシリーズ」と平行して心理療法に関する本(専門書)を読んでいる。
精神科医が行なっているカウンセリングの詳細が書かれていて興味深い。
ぼくはカウンセリングを受けたことは一度もないのだが、
カウンセリングルームに行ったことは一度だけある。

ってことを読んでいるうちに思い出した。

大学時代、せっかく大学に入れたんだから
出来るだけ全ての施設を使わないと損!と思い(^^;
図書館では あいうえお順に全ての著書を読もうと思って本を借りまくったり
視聴覚教室がある新館の上の方の真新しい職員用のトイレ入って
職員用のウォシュレットでお尻を洗ったり(^^;;;
していたのだが笑

地下にカウンセリングルームがあるってことを学生掲示板で初めて知った。

ぼくは2年ほど引きこもっていて、親に心配かけまくりだったのだが
父親が心臓発作で倒れたのを機に目が覚め、猛勉強をしてその大学に入った。
引きこもる前も大学生だったが、そこではクラブでいじめられ(いわゆるしごき)
せっかく推薦入学したのに人と会うのが苦痛になって中退したのだった。

高校時代微分積分、ドイツ語に目覚め独学で非ユークリッド幾何学
→推薦入学で大学へ→大学生になってもひとをいじめる奴がいることを
身をもって知る→親友がリンチされ、ひとに恐怖を感じるようになる
→対人恐怖が治らないまま所属クラブでも先輩の策略にはまり
先輩を殴らされて逆制裁を受け、そのまま不登校、引きこもり。

最初の大学は空気がギスギスして合わなかったが、
2番目の大学はのんびりしていて先生も良い方が多かった。
学生も家業を継げる奴が多くて将来に対する飢えがなく
全体的にの〜んびりしたところだった。そういう環境だったのでぼくはずいぶん助かった。
ずーっと暗い穴に落ちていたように思っていたが
大学に入った途端鴨川の水がきらきら光っていてこころがうきうきした。
相性が良かったのだね。

で、図書館に入り浸って図書館司書になれば本あるだけ読めるんかな
と夢想したり、職員用のウォシュレットでお尻を洗ったりしていたのだ。
そんなときに地下にカウンセリングルームというところがあって
「つまづいたとき、悩んだとき、いつでも遊びに来て下さい」
と掲示板にちらしが貼ってあった。

つまづいてもいないし、悩んでもいなかったが、個人的に
目につく施設全部使い切ろうキャンペーンの真っ最中だったので
生まれて初めてカウンセリングルームへ行った。
その日、担当の先生はカウンセラーじゃなくて精神科医だったが
どう違うのかも分からなかった。

ただ、カウンセリングルームに入った途端、来るんじゃなかったと後悔した。
それくらい部屋の空気が違っていて、どんよりしていて視野が狭まるほど暗く
「ここは来てはいけないところ感」を感じた。
部屋中にマイナスオーラが充満していたと言えば分かるかな。
そして、精神科医の先生自身がむっちゃやばいオーラを発散させていて
マジびびった。ひとの心を治す側じゃなくて病んでいる側じゃなかろうかと思ったほど。

「今日はどうしましたか?」と聞かれ、質問の意味が分からず口ごもっていると
いきなりロールシャッハテストを受けさせられた。
こういうテストは好きなのですらすら答えていると
「物語を作るのが上手ですね」と言われ、またどういう意味かと首を傾げた。
「お父さんはどんな方ですか、お母さんはどんな方ですか?」と訊かれたが
家族を「こんなひと」という認識で見たことがないので
どう応えたらいいのか分からずこれまた口ごもっていると
急に知らない女子生徒が数人入ってきて、ぼくを無視してむちゃくちゃ喋り出した。
先生がそっちを対応している間に、ぼくはすーっととんずらした。

という、素敵な思い出。。。ずーっと忘れていたけど
この本の中に出てくる、ちょっと痛いクライアントのエピソードを読んでいたら
なんとなく思い出してしまったので夜中に吐き出し。
[PR]
by galleryF | 2017-01-22 21:35 | 日々のこと

ツワブキ

b0219623_2042525.jpg

枯れ物は撮っておく。
[PR]
by galleryF | 2017-01-16 20:43 | Summicron | Comments(0)

季節外れ

b0219623_21292778.jpg

何と、バラが咲いていた。
秋バラの残りだろうか、春バラの先駆けだろうか。
[PR]
by galleryF | 2017-01-13 21:31 | Summicron | Comments(0)

雨上がりの花街

b0219623_12144397.jpg

昨日1日降っていた雨が朝にも少し残っていたが
雨上がりを待って、花街を歩いてきた。
宮川町、恵比寿神社と建仁寺を抜けて花見小路、四条通りを渡って巽橋界隈、
三条から行こうと思ったけど気が変わって四条通りを西へ
先斗町を抜けてゼストまで歩いた。

どんより曇った朝の花街は
人がおらず、観光客もまだ来ず
勤め人だけが足早に通り過ぎていく。
雨の後ということで、空気も澄んで
湿度が高いせいか気温もそれほど寒くなく
フリースセーターだけで汗ばむほどだった。

Leica-R の鈍い色を強調するために
クリエイティブスタイル Deep を選択。
コントラストをやや上げ、彩度はニュートラル、シャープネスはやや下げて
ややもするとビビッドに撮りたがるデジタルの頭を抑えた感じにした。

本日朝から8,000歩
[PR]
by galleryF | 2017-01-09 12:22 | Summicron | Comments(0)

な〜んか

b0219623_2184989.jpg

寺町歩くの、久しぶりっ
[PR]
by galleryF | 2017-01-03 21:09 | SONY | Comments(0)

路地

b0219623_1828137.jpg

正月飾りと金箔入りの日本酒は買ったけど、
ぼく、アルコール好きじゃないから
一番小さな180ミリリットル瓶でさえ、2年半は持ちます。
さすがに3年目もありましたが、飲む気にはなれませんでしたが。

来年からは(もう来年の話ですか)、金箔入りの日本酒、買わないでおこうかなぁ。
けじめ、というか、区切り、というか、儀式、というか、そういう感じで飲むんだけど。
去年の初冬に買った200ミリリットル入りのちっちゃな日本酒がまだ残っているし(~_~;)

今夜は飲もうと思って買ったチューハイを、ご飯食べ終わってから思い出す
「あ、飲み忘れた」
って薬じゃないんだからッ\(自己ノリツッコミ)/

一度、正月飾りを買わなかった年末があって、そうすると、本当に切りがなくて
区切りがなくて、ケジメがなくて、なんだか、非常に後悔した。
どんなに小さくても、飾りは必要だな、と思って玄関にぶら下げてある。

年末、玄関を掃除して、元旦の朝に飾りの袋を開けたんだけど、
中の説明書に「大晦日のうちに飾りましょう。玄関の扉に付けると運気が入りにくくなりますので
別の場所に置きましょう」って書いてあって、手遅れだった。
道理で、大晦日から門松飾ってある家がいっぱいあったよ。
「横着だなぁ。早すぎ」と思っていたけど、ぼくが間違っていたのね。
[PR]
by galleryF | 2017-01-02 18:47 | Summitar | Comments(0)

新年早々エビ写真

b0219623_16521664.jpg

あけましておめでとうございます。

話は変わりますが、
昨日エビ水槽の水換えとフィルター洗浄を行いましてね、
新しい水を投入したら、エビが興奮状態で、わらわらと出てきました。
水槽に入れたから見つからなくなった、
スノーホワイトシュリンプもベルベットブルーシュリンプも
ぜ〜んぶ、出てきましたよ。
それに、ミナミヌマエビの赤ちゃんが、それこそ10匹以上出てきました。

水を入れるでしょ。
新しい水の酸素が嬉しいのか、底から舞い上がる細かいゴミの中に
餌が見えるのか、単に興奮状態なだけなのか、分かりませんけど
ぜ〜んぶ、出てきました。

上の写真はベルベットブルーシュリンプ。
ちょっと変わった色しているでしょ。
これは、おそらく血液の色ですね。
ご存知の方も多いと思いますが、エビ、カニ、ミミズの血液は青いんです。
人間や犬猫サルなどの血液が赤いのは鉄ヘモグロビンの色なんですが
エビの血液は銅ヘモシアニンの色でいわゆる青銅色です。

思うに、ベルベットブルーシュリンプは、攻殻の透明度を高め、血液の色を透過することによって
青いエビとして売られている、のではないでしょうか。

b0219623_1741844.jpg

そしてこちらが、スノーホワイトシュリンプ。
生きていただけでも嬉しいのに、抱卵しています。
おとっつぁんがどいつかわかりません。
何色の子供が出てくるか、不明です。
[PR]
by galleryF | 2017-01-01 17:07 | Olympus | Comments(0)

京都ぽたぽた歩き
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28