「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Dyson pure hot + cool

寝室に置く小さい扇風機を買いそびれたまま、夏が終わってしまった。
もう涼しくなって、ダイニングの扇風機も片付けた。
次は寒くなってヒーターを出すまで、空気清浄機で部屋の空気を動かすことになる。

居間はともかく、あまり大きなものを置けない寝室に
季節ごとにヒーターを片付け、空気清浄機を出し、
空気清浄機を片付け、扇風機を出し、
扇風機を片付け、空気清浄機を出し、
空気清浄機を片付け、ヒーターを出し
なんてことを毎年していた。
それが普通だと思っていた。

ところが、ご存知の通り、ダイソンから
空気清浄機能がついて、ヒーターと涼風が出る
Dyson pure hot + cool
が出たでしょ。欲しい!と思いましたよ。
でもダイソンは高い。
そして、うるさいという巷の評判。

寝室向きじゃないな。
ていうか、こんな高いもん、買えるか〜\(卓袱台返し)/

そうして、気になるまま年は過ぎ、季節が変わって
また寝室用の小さい扇風機が欲しいな
と思いつつ、あ、空気清浄機を前後ひっくり返して使えば
空気を吸う力でそよそよと空気が動くから
扇風機の代わりになるんじゃない?

\(ったまい〜)/

と自画自賛しながら
今年の夏は凌いだ。
ただ、空気清浄機はニオイセンサーがあって
寝ながらお尻の方から生理現象が ぷっ と出ると
途端に

了解しましたぁ、空気、清浄させていただきます!\(敬礼)/

とばかり、グォ〜〜〜〜ッと起動し出す。
うるさい、ちうねん。
ていうか、ぼくの天使のお◯らのどこがそんなに臭いねん。

とまぁ、機械とぼくの間で時たまこう言うサイキックなやり取りが繰り広げられていたのだが
え〜っと、なんの話だっけ??

そうそう。
Dyson pure hot + cool
よく利用する電気屋で特別なお客様専用秘密の闇市に出たのよ。hot + cool
この闇市では表玄関から入って普通に買うより2万円は安い。
どういう、からくりかわからないけど。。

で、思い切って買いました。
これであまり役に立たないばかりか吸い込んだ汚い空気をまた出しているだけ
に見えるシャープの古い空気清浄機を捨てられる。
加湿機能付きなんだけど、部品の隅々まで洗えない仕様、、
隅っこについた水垢が気になって気になって。
しかも空気清浄機のくせに時々掃除機で内部を掃除しないとダメ
考えてみたら、変な仕様。。
ようやく、こいつを捨てられる。

と、いうわけで、長い前説が終わりました。

以下、使ってみての感想です(あくまで第一印象)。

思ったより音が大きい。これで以前の機種より75パーセントも静音化に成功したというが、前のはどんだけ大きかったのか。ブルーエアの空気清浄機が無音だった(ただし光は消えない)ので落差でややがっかりした。こちらは光は消える。

ネットで保証登録しようと思ったのに、製品番号を受け付けてくれない。ネットで製品番号を入力する欄のフォーマットと製品に実際に付けられているフォーマットが異なっているから入力を受け付けない。バカなメーカーだ。仕方なく、郵送することにした。この時代に。

客が自分で保管する保証書が最初から切り取られていて、同封の封筒に丁度収まる大きさで、メーカーに郵送する保証登録用紙は取説から切り取らなければならない。なんとバカなメーカーなんだ。保証書には登録用紙に書く内容と同じ内容を書く欄があって、封筒に入る大きさだから、てっきりこちらを郵送するのだとばかり思っていた。紙の上の方に小さく手元に保管してくれ、返送しないでくれって書いてある。返送する人多いんだろう。返送されたくないのなら、手元に保管する保証書は取説の最後のページに印刷して、郵送して欲しい登録用紙こそ、最初から切り取っておけ、と思うな。

取説に持ち方が書いてない。だから、輪っかになっている本体に腕を通して2階へ持って行った。

本体の前面に「重要、こちらのマークが出たらフィルターを交換してください」というシールが貼ってあるがこのシールを剥がさないと電源ボタンが出てこない。なぜこんなところに貼ってあるのか意味がわからない。電源ボタンの保護なら剥がして捨てられるシールを貼ればいい。なぜそこに重要事項を書くのか。年寄りではわからんだろうなぁ、と思いながらシールを剥がして取説に貼った。せめて、「本体に貼ってある重要シールを剥がして取説のここに貼ってください」という説明があればと思った。

リモコンがでかい。日本製品ならもっと薄く出来る。電池を交換するのにネジまわしが必要。日本製品ならプッシュして引き出す方式か、裏蓋を空ける仕様にするだろう。お国柄か。
[PR]
by galleryF | 2016-09-22 09:14 | レビュー | Comments(0)

夏が過ぎ〜夏模様ぉ〜♪

b0219623_19182538.jpg

ケヤキの幹には夏の思い出、ゾ〜ロゾロ〜♪

という歌では絶対なかった。
[PR]
by galleryF | 2016-09-21 19:21 | Super EBC Fujinon | Comments(0)

急げや急げ

b0219623_17185229.jpg

雨が降りそう
土砂降り来そう
早く帰らなきゃ

ぼくの靴はメッシュだから
雨が降ったら
ビッションビッションの
タップンタップンの
じゅぼじゅぼになるよ。

急ぐんだ、急ぐんだ。
急げば間に合う、、かもしれない。
[PR]
by galleryF | 2016-09-18 17:22 | Skopar | Comments(0)

ルクセンブルクと取引?

App Store でとあるアプリを購入しようとしたら、
Apple から「契約条件が変わりました。以下を読んで理解して同意して同意ボタンを押して」
とインフォが出た。契約条件を読んでみると、見慣れない名称があり、
ぼくのアンテナに引っかかった。

iTunes S.à.r.l.

な、ん、だ、これは?

と、いうことで「iTunes S.à.r.l.」でググってみる。
ttp://longtailworld.blogspot.jp/2012/04/how-apple-sidesteps-billions-in-taxes.html
(上の文字列をコピペしたら、最初にhを足してEnter押してください)

こちらの記事によると、
App Store で買い物をすると、ぼくはカリフォルニアのアップル社と契約しているとばかり
思っていたら、ルクセンブルグにあるiTunes S.à.r.l.と契約することになるらしい。
なぜアメリカの会社なのにルクセンブルグ?と思ったら、ここは税金が安いらしい。
アップルに追徴課税というニュースを今日、読んだばかりなので
こういう節税対策は「ずるい」という気持ちしかないのだが。

アップルが、何かを変えるたびに出す、こういう契約条件的な文章
ぼくは読むたびに嫌な気持ちにしかならないのだが、
「同意する」ボタンを押すからには読んでおかねばならい。
そして、読んで、嫌な気持ちの方が勝って、同意しない
という道も残しておかねばならない。

まぁ、抵抗しても最初のうちだけでそのうち同意せざるをえなくなるんだけどね。
そう、iMacを使い続けるためにはね。
でも今回はキャンセルボタンを押して同意をやめておこう。

魂を売ってまで手に入れたいアプリではないから。
まぁ、そんな価値のあるアプリなぞ、この世にないと思うけど。
[PR]
by galleryF | 2016-09-16 20:01 | Apple的な | Comments(0)

そらかがみ みずかがみ

b0219623_192514.jpg

空は水を映す鏡

現世の橋を渡り行くあの救急車には
人一人分の重みが乗っているのだろうか。

乗れたのだろうか。
[PR]
by galleryF | 2016-09-16 19:06 | Heliar | Comments(0)

捜索

b0219623_203019.jpg

前回嵐山へ行った時、高校生が服のまま川で遊んで流されたとかで
警察の人が捜索に来ていた。
ぼくはそういう雰囲気に弱いので(霊的に感受性が高すぎるので)
しばらく行けなかったのだが、やっぱり大堰川は好きな川なので
うずうずが止まらず、また来たのだが、、、

なんと、前回より大掛かりな捜索現場に出くわしてしまったのだった。
大学のボート部かと思いきや地元の消防団の捜索隊。
向こう岸には救急隊、警察車両が並び、消防のヘリが飛び回っていた。

でも、せっかく来たし、お気に入りの場所まで
とりあえず行くことにした。

b0219623_2039491.jpg

ここはお気に入りのサンクチュアリ。
時々、変な現象に出会うけど、悪い気はしない。
砂浜には各種動物の足跡。
人の気配、山の気配、獣の気配だけ。
静寂の中で目を閉じれば、嫌なことは霧散する。

ん?
下流からボートが来たよ、遊覧船ではないよ。
よく見ると、左のボートには警察の私服組、右のボートにはフロッグマンが。。

う〜わ〜、またここですか。
ここが現場ですか。
高校生がおぼれたのも確かここですよね。
せっかく来たけど、彼らが探しているものに出会いたくないから
そそくさと帰ることにしました。

家帰ってからニュースを検索すると、ここじゃなくてもっと上流で
道から落ちたらしい。。
キノコでも取ろうとしたのか、絶景を撮ろうとしたのか、
状況は不明なれど。

と、いうわけで、またしばらくここへは行けない。
ほとぼりが冷めるまで。
霊気が薄まるまで。
薄まらないかもだけど。
[PR]
by galleryF | 2016-09-13 20:47 | Heliar | Comments(0)

視線

b0219623_19235791.jpg

「ほんまでっか」に出ていた土屋太鳳さんの鞄から出てきた
カメラ二つ
一つはソニーのRX1かRX100
もう一つはペンタックスの防水カメラ

それに対して明石家さんまが
「スマホでええやないかい」
と言っていてぼくはテレビを見ながら内心ムカっとしていた。
マツコデラックスが
「わかった。もう一つはとても画質がいいのね」
と理解を示していたが、
ぼくは土屋太鳳さんに拍手を送りたい。

何でもかんでもスマホで撮って、後でアプリでいじることは
まぁ、楽しいんだろうけど、楽なんだろうけど、
やはり画質重視はソニーのカメラ、天気が悪い時はペンタックスのカメラ
と二つ用意する土屋さんは写真の基本をわかっているか
もしくはわかろうと努力している姿勢に見える。

それを「スマホがあればカメラは要らんのに、アホちゃうか」と茶々るさんまに
MCを「ギャラが安いお笑い芸人でええやないか」と言われたら
どう思うねん?と突っ込みたい。

まぁ、それはそれとして、水素水なんぞにはまるよりは
各地のミネラルウォーターにはまる方が健全と思うがな。
そういうぼくは鞍馬水が一番好き。
[PR]
by galleryF | 2016-09-11 19:34 | Heliar | Comments(0)

萩の季節

b0219623_5395490.jpg

夏から秋へ
季節の移り変わりは
花が教えてくれる
[PR]
by galleryF | 2016-09-03 05:41 | Summitar | Comments(0)

京都ぽたぽた歩き
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30