「ほっ」と。キャンペーン

スキャンハイ

b0219623_14104727.jpg

祇園祭分の5本はスキャン終わったんですが、
もう「ついでだ」ちうことで、
2月に撮った八坂分もスキャンし始めました。

1枚スキャンするのに2分から4分かかるので
その間に本読んだりそこら辺を整理したり干した布団をひっくり返したりしています。
昔、CPUの性能が低かった PowerMac 6100AV で
ゲームをしていた頃、ぼくの1手にCPUが考える時間に
本読んだり部屋の整理していたことを思い出しました。
あの時はMac20分も考えていたよ。
それに比べたら2分のスキャンは10倍速くなったと思えばいいのか(~_~;
[PR]
by galleryF | 2016-07-31 14:16 | Elmarit | Comments(0)

途中経過

b0219623_173426.jpg

フィルムスキャン始めています。
朝から初めて、やっと2本目が終わったところ。
エプソンのスキャナー GT-X830 でソフトは Epson Scan
プロフェッショナルモード。

このソフトがむちゃくちゃアホなせいで
時間ばかりかかって仕方がない。
フィルム12枚分一度にセットできて
12枚分一挙にプレビューできるのに
12枚一挙にスキャンしようとすると
ユーザー定義が適応されるのは最初の1枚で
あとは全部フィルム大にしかアウトプットされない。
馬鹿ほど時間がかかって、出てきた結果がユーザーの希望と違う
ってどゆこと?
結局、1枚1枚ユーザー定義適応させながら
1枚1枚スキャンするしかない。
時間がかかって仕方がない。
むっちゃ腹たつわ〜

さらに、バグが直っていない。
ことえりの英文字を入力しようとすると「u」と打ったら「Uu」と出る。
「a」と打ったら「Aa」と出る。
むっちゃイラつくわ〜。
これはことえりから英文字入力にモード変更するとちゃんと打てるけど
まじイラつく。

エプソンて初期の頃からApple縁が深かったメーカーと思うけど
なんでこんなバグいつまでも放置しとくんやろ。
[PR]
by galleryF | 2016-07-30 17:43 | Summicron | Comments(0)

b0219623_19234215.jpg

出勤途中の道筋にカニが落ちていました。
生死不明なれど、
とりあえず、記念撮影しようとカメラを近づけた途端
シャカシャカシャカとカニ歩きで逃げ出す。

「マジかマジかマジかマジか」

カメラを持ちながら路上のカニを追いかけるぼく。
何を思ったか、カニ、逆戻りしてぼくの靴の陰に隠れる。
その瞬間、シャッター落とした。
しかしブレてるな。

近くの水たまりに入れとこうかどうしようか悩んだが
駅に着くまで手を洗うところがないし、駅についても手を洗えるとは限らない。
こういうときのために小さな水槽でも持って出勤すべきだよな
と馬鹿なことも頭をよぎるが
カニはカニ専用のセッテイングが必要だし
専用のエサも必要だし、
何より出勤途中だし
というので拾うのを断念。

b0219623_19304476.jpg

帰宅途中で今度はゴマダラチョウの死骸を発見。
記念撮影し、アスファルトの上では土に戻るのに時間がかかるので
土の上に移動させる。
ちゃんとアリのご飯になるんだよ?

シカシ、ここはそんなに田舎というわけでもないのに
道端でいろんなものを見るなぁ。
クワガタ、カブトムシ、玉虫、蛇、カメ。そして今回はカニだ。
蛇も捕まえた時記念撮影したかったのだが、ぼくが自分のカメラを出す間だけ
蛇を持っていてくださいと頼んだ茶髪の人は「キャー」と言って逃げて行った。
男だけどε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
[PR]
by galleryF | 2016-07-28 19:39 | Olympus | Comments(0)

b0219623_6333371.jpg

祭につられて外へ出てきたおばあちゃんが
顔なじみのおばあちゃん二人と久しぶりに会った図。
こういう時でもないとお互いの息災を確認しあうこともないんだろうなぁ。
[PR]
by galleryF | 2016-07-27 06:36 | Carl Zeiss T* | Comments(0)

引いて撮る

b0219623_7311469.jpg

引いて撮るのは環境を写し込みたいから。
[PR]
by galleryF | 2016-07-26 07:45 | Carl Zeiss T* | Comments(0)

人々

b0219623_20505058.jpg

誰かの写真にきっとぼくも写っている。
[PR]
by galleryF | 2016-07-25 20:55 | Carl Zeiss T* | Comments(0)

b0219623_8512411.jpg

携帯やスマホやタブレットで撮る人が本当に多くなりました。
これらのガジェットはレンズ固定で、ズームはデジタル的にトリミングしているだけなので
レンズの本当の面白さを全く知らずに写真を撮っている人が増えてきている、ということ
それがすごく現代的と思います。

ただ、中でもこの日ぼくに「撮ってください」と渡されたカメラが
小さいながらもデジタルカメラだったのが少しの救いでした。
普通に撮っても良かったんですが、あおって撮ることで
空間の広がりを表現して差し上げました。
喜んでくださったでこちらも嬉しく思いました。

ところで、ポケモンGoが日本でも始まりましたね。
ぼくは全く興味がないのでダウンロードすらしていませんが
昨日の時点で、駅の地下道や四条大橋の隅っこなどで
突然立ち止まっている人にぶつかりそうになり、
その人のスマホをちらと見るとポケモンやっていました。
よその敷地内に入って住民とトラブルなどというニュースも見ますね。
迷惑なゲームです。
[PR]
by galleryF | 2016-07-24 09:01 | Carl Zeiss T* | Comments(0)

夜スナップとしての祭

b0219623_22153561.jpg

祇園祭後祭の宵山へ行ってきました。
(Fotor で RAW から現像)

本日11000歩オーバー。
[PR]
by galleryF | 2016-07-23 22:21 | Carl Zeiss T* | Comments(0)

無抵抗

現場へ行って、撮影している時に他のカメラマンを観察するのだが
その時思い浮かぶ言葉がある。
「カメラ人口の、大半を占めていた『おじさんたち』が
もうちょっと抵抗していれば、フィルムカメラはこんなにも早く
衰退しなかったのではないか」
誰が言ったのだったっけ、何かのカメラ雑誌で女性カメラマンが言ったのだったっけ。

現在の撮影現場でいわゆるおじさんカメラマン達が
白い巨大なズームレンズ付きのこれまた巨大なフルサイズデジタルカメラを
2台も3台も首から下げて、それはそれで壮観なのだが
この言葉がふと頭をよぎった時
この人たちは「抵抗しなかったのだ」と思うと
冷めた心にシフトチェンジする。

職場にいる年上の、いわゆるおじさん世代の人たちの働きぶりを観察していると
せっかちで、待てなくて、じっくり腰を据えなくて、早く結果を知りたがって
そのくせ自分から先に動かなくて、一歩引いて若い者に全部やらせて
結果だけ早く早く知りたがって、そのくせ自分は楽している。

これをカメラに置き換えてみると
やはりすぐに結果をビジュアルで教えてくれるデジタルカメラという存在は
おじさん世代の上の気質にぴったり合っていた
と思える。そう考えた時におじさん世代のカメラマンが
1枚撮ってはモニターチェック、1枚撮ってはモニターチェックしている姿は
あれは自分は楽なところで若い者にやらせて結果だけ知りたがる姿
全部全自動でカメラがやって、結果がモニターに現れるから
それをチェックしている姿
つまり、カメラが「こんな風に撮れました」「こんな風に撮りました」と
モニターで報告している姿、そう考えると
ああ、だからおじさんたちはフィルムからデジタルへ簡単に移行して戻ってこないんだ。

それがすごく納得なのだった。
[PR]
by galleryF | 2016-07-23 07:36 | 日々のこと | Comments(0)

2巻

昨日、フィルムを取って来がてら、本屋へ寄って
「あしょんでよ!」2巻目を買ってきた。
1巻目がすごく可愛くて面白かったのだが
2巻目ともなると、やっぱり少しそういう興奮(?)は収まってしまうので
内容の面白さに変化があるわけではないが
読む側としてちょっと冷めた目で見てしまう。

やはり1巻目買った時に隣に2巻目もあったのだから
1巻2巻同時に買って一挙に読んだ方が幸せ度高かったかもしれない。
(結局2巻買うんかい)

で、タイトル「❤️(ハートマーク)」の項で
人間の主人公(犬の主人公の飼い主)が「犬飼っている人はすぐわかるな」って
言っているんだけど、ぼくは犬飼ってないけど、こういう反応する。
動物全般が好きだから。飼ってないけど、むっちゃ好きだから
飼っている人と同じ反応をする。

あ、だから飼い主さんに
「犬飼っていらっしゃるんですか?」
ってよく聞かれるのか。
この行動は飼い主あるあるなんだ。

って初めて知った。
[PR]
by galleryF | 2016-07-23 05:52 | 日々のこと | Comments(0)

京都ぽたぽた歩き