「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

きれい

b0219623_234108.jpg

Leica M4-2 + Elmar 3.5cm F3.5 で撮ってきたフィルムを取ってきた。
いつもはスキャンしてお見せするのだが
あまりにも眠いので、ライトボックスの上に置いたフィルムを
直接 FinePix F600EXR でマクロ撮影してみた。

F600EXR の残念なところはマクロがあまり寄れないということだ。
一こまを大きく写すことが出来なかったので、二コマをお見せしよう。

Elmar 3.5cm F3.5 は 1941年製造のレンズだが
繊細かつコントラストが高く、現代のレンズだと言ってもすんなり納得してしまう
パワーを持っている。逆に言えば、オールドレンズ特有のくせがないので
そういうのを期待して買っちゃったぼくはちょいと残念なのだ。

シカシ、きれいだ。きれいに写るレンズだ。
フィルムも現像代も高いので、ぼくはもう露出を変えて何枚も撮るということはしない。
Elmar 3.5cm の絞りの数値は現代のとは異なるので、けっこうアバウトに設定するのだが
どんぴしゃに写っているのはぼくの腕が良いから?と自画自賛してしまう。(^^;

横着スキャン
[PR]
by galleryF | 2011-12-27 23:12 | 撮影日記 | Comments(0)

メタル枯れもの

b0219623_21323571.jpg

撮りたい風景を目にしただけで
頭の中で構図と露出が自動的に生成されるぼくは
将来、フィルムが終了しても銀塩カメラは捨てずに持っていて
時々街へ連れて行こう。

露出を決めて、ファインダーをのぞいて、構図を決めてシャッターを押して
フィルムが入っていなくても巻き上げレバーを回そう。

これぞエアカメラ。

巷に溢れるカメラマン、ネットに溢れる写真ブログ。
エアカメラで撮った写真はこの世に現れることは絶対ないけれど
これぞ究極の贅沢かもしれないと思ったり思わなかったり。
[PR]
by galleryF | 2011-12-27 21:39 | 撮影日記 | Comments(0)

年末ライカ

b0219623_22233092.jpg

今日は仕事のあと、

Leica M4-2 + Elmar 3.5cm F3.5 一本勝負で
夷川ダムから岡崎、青蓮院の大楠、八坂を通って四条まで歩いてきました。

夕方だったので ISO 100 のフィルムでは厳しく、消費は1本のみ。
本日1万歩ちょい。

伏見散歩はまた今度。。
[PR]
by galleryF | 2011-12-25 22:27 | 撮影日記 | Comments(0)

SAAB破産

b0219623_2052593.jpg

レシーブしてくれるところはなかったらしい。
b0219623_2122960.jpg

b0219623_212565.jpg

[PR]
by galleryF | 2011-12-19 21:03 | Comments(0)

ノオオオオ〜!

b0219623_19233732.gif

だから、Google は信用しちゃいけないんだよ。
クリックしてみそ?
[PR]
by galleryF | 2011-12-18 19:26 | Comments(2)

勝手にコラボ

b0219623_18272115.jpg

NK さんのこちらのエントリに対して、時々シリーズ「勝手にコラボ」を発動しました。

More
[PR]
by galleryF | 2011-12-17 18:41 | 撮影日記 | Comments(2)

まうえ!

b0219623_17593136.jpg

うみょ〜んという独特のモーター音がしたので空を見ると飛行船だった。
慌ててディパから FinePix F600EXR を取り出して撮りまくった。
こういうときは素直に EXRモードである。

More
[PR]
by galleryF | 2011-12-17 18:14 | 撮影日記 | Comments(0)

皆既月食まとめ

b0219623_053746.jpg

左上から右行って、下に下りてそのまま左行って、下に下りて右行って
というくねくね配列です。
上の大きいのは 300mm、小さいもの最初の二つは 200mm F2.8
あとは最後まで 200mm マクロで撮りました。
こうやって並べてみると、ずーっと 300mm でも良かったような。
[PR]
by galleryF | 2011-12-13 00:08 | 撮影日記 | Comments(0)

秋の残り香カサカサ

b0219623_21212414.jpg

Pentax K-7 + FA macro 100mm F2.8 で京都御苑
同上 + DA 15mm F4 AL ED Limited で柳馬場通り

More
[PR]
by galleryF | 2011-12-11 21:29 | 撮影日記 | Comments(0)

Fujifilm X-S1 を触ってきた

b0219623_20542953.jpg

気になった点をいくつか箇条書きにする。

●ズームリングが異様に重かった。あの太いリングもなんだかな〜とは思う。
 初期機種だけかもしれないが、トルクがありすぎて粘いほど。
 トルクがあるのは結構だが、もう少し軽めでも良いと思う。
 手動ズームが今のトレンドみたいだが、あんなに重いとぱっぱと回せないじゃないか。

●MF 設定にしたのに、勝手に AF が働いて、
 「あなたがピントを合わせたいのはここじゃありませんか?」的な
 おせっかい機能が付いていた。高倍率ズームだからそうなるのかもしれないが
 MF を使いたいときと言うのは基本マクロの時だろうから、おせっかいは止めて欲しいと思う。

●「重い」だの「でかい」だの散々に言われているが、ぼくはこれぐらいの重さで
 これくらいのでかさは有りだと思う。小さい高倍率コンデジと並べるとそりゃあ
 それなりにでかいが、ぼくに言わせるとあっちが小ちゃすぎるのだ。
 これぐらいでかくてそこそこ重さがあった方が、ぼくは安心する。
 それに、グリップが深くえぐれていて、ボディはプラでしょ。重いと言っても
 軽くなるよう企業努力はなされている。そこは好感を持った。

●ファインダーは特筆すべき。室内で試しただけだが、とても自然に見えた。
 カクカクしていないし、ざらざらではない。自然に見えた。

●露出補正のバーがなぜかピョコピョコ動きまくる。どこを測っているのか知らないが
 センシティブすぎるのか範囲が狭すぎるのか、あのピョコピョコはないだろうと思った。
[PR]
by galleryF | 2011-12-11 21:04 | Comments(3)

京都ぽたぽた歩き