「ほっ」と。キャンペーン

シリーズ アソビ

b0219623_12485588.jpg

石の上に石を置く。
子供なら誰しもやったことがあるでしょう。
こちらのアーティストさんは石だけじゃ物足りなくなって
そっと添えたシダの葉がなんとも粋な空気感を醸し出しています。

雑ではなく、無念の形。
見せ場ではなく、純粋に自分の気持ちに添った形。
明日になれば崩れてしまう今だけの舞台。
子供時代とはそういうものかもしれません。
[PR]
by galleryF | 2016-07-03 12:52 | Fujinon | Comments(0)

アオサギ

b0219623_20205971.jpg

[PR]
by galleryF | 2016-06-02 20:21 | Fujinon | Comments(0)

たからか

b0219623_871316.jpg

春の終わりを告げ
夏の始まりを宣言したのは
去年生まれのヤマガラでした。
[PR]
by galleryF | 2016-05-28 08:09 | Fujinon | Comments(0)

クロオオアリ

b0219623_2532012.jpg

177センチの高さから見つけられるってことは
どれだけデカイのか、ってことだ。
マクロ機能がオタンコな FinePix F600EXR のせいぜいのマクロで
これだけ大きく写る、ってことは
どれだけデカイのか、ってことだ。

しっかし、邪悪な顔しとんな〜。
2メートルのアリがいたら、人類なんかとっくに滅びているな。

☆レンズについて☆
周辺の画像が乱れ、流れているのが見えます。
メーカーがたくさん作っているこの価格帯の安いカメラには
あまりいいレンズは使われてません。
安物買いの銭失い、とも言えます。
メーカーは「写真はレンズが命」とか言いながら
安くてそこそこ写るんだから文句はないだろう?
と、ずるい目線でユーザーの前に
カラフルなデザインや小さな筐体に無理矢理いろんな機能を押し込んだ
カメラを並べます。
目新しさに惹かれて買っても、やはり写りはソコソコ
いや周辺部を見ると目も当てられない。
そんなカメラを薄利多売で作りまくり、売りまくっているのですから
エコだの地球に優しくに協賛していますだの
メーカーサイトに書いてあっても、信じちゃいけません。
[PR]
by galleryF | 2016-05-27 02:58 | Fujinon | Comments(0)

デジタルズーム

b0219623_8455696.jpg

Fujifilm FinePix F600EXR
時代遅れの(当時では)高倍率ズームを誇る(ていた)コンパクトデジタルカメラ。
もっくんのCMにほだされて買ったもの。
レンズバリアーはうまく閉まらなくなったし
鏡胴まわりは傷だらけだし
電池の減りは早いし。
でも軽いので最近また時々 Olympus STYLUS Tough 4 の代わりに
カバンに入れるようになった。

これは18日に撮った、満月前の写真。
東山から登ってきた月が、あんまり赤かったので
ベランダの物干し竿にできるだけ固定して、
デジタルズーム全開で撮ってみた。
固定っつうたって、そこは物干し竿なので
あまり強く押さえても、みょんみょんするから三脚代わりにはならないけど、
月が動くスピードは早いので、最望遠側ではすぐに視界から出て行ってしまう。
三脚に固定してしまうとその度にヘッド?ごと動かさないとダメだけど
物干し竿は円筒形なので都度月を追いかけることができる。
まぁ、手動追尾装置ってわけだ(笑)

古いカメラでしばらく使っていなかったけど、
SDカードをスピードが早いものに変えたらまだそこそこ使えることに気がついた。
本当に壊れるまで使ってやろうと思っている。
でもほら、なかなかいい雰囲気に撮れているでしょ。
[PR]
by galleryF | 2016-05-22 08:57 | Fujinon | Comments(0)

りあるジオラマ

b0219623_9333430.jpg

FinePix のベルビアモードが結構好き。
リアル世界がジオラマっぽく写るから。
[PR]
by galleryF | 2015-07-05 09:36 | Fujinon | Comments(0)

b0219623_131457.jpg

F600EXR はもう古い機種で、望遠側でのピントが不正確で遅いのだが
これはうまくピントが合ってくれているように思う。
MFレンズや最新型のAFと異なり
コンパクトデジタルカメラは何でもかんでもカメラ任せ
という点でこういうシーンではうまく撮れるかどうかややドキドキする( ̄▽ ̄)
[PR]
by galleryF | 2015-07-04 01:35 | Fujinon | Comments(0)

クルッポー

b0219623_23462826.jpg

でっかい鳩にピースされた。
A big pigeon greeted me.
[PR]
by galleryF | 2015-03-03 23:52 | Fujinon | Comments(0)

不思議な月

b0219623_6423964.jpg

300枚以上も撮ったので、まだ全部チェックしきれていない。
ピンぼけや被写体ぶれは容赦なく削除して現在285枚まで減らした。
チェックしているときに「あ、いいな」「いい感じに撮れている」「立体感が出ているな」
と感じたものはその場でレイティング。
★ひとつから★いつつまで。

頭の中でで「ホシみっつ!」とかいうのだが、脳内ナレーションは
SMAPの中居ではなく、なぜかマチャアキ。(中居は嫌いなので)

上の月は赤く光りすぎているが、目視でこんなに赤かった訳ではない。
超高感度撮影で、人間の目には見えない小さな光もうんと増幅しているからだ。
それにしてもこれは月というより暗い水たまりに浮かぶカエルの卵に見える。
固い地面ではなく、触るとプニャプニャする魚の卵みたいだ。
光の加減で薄皮の向こうに胎児が浮かんでいるような錯覚を覚える。

もう一つ不思議をお見せしよう。
月や星や太陽を撮っていると、時々、「ん?ありゃなんだ?」というものが見えるのだが
今回初めて撮影に成功した。

b0219623_6493837.jpg

陰り行く月の左下に変なものが浮かんでいるように見える。
実は浮かんでいるのではなく、月の方向に移動している飛翔物体だ。
肉眼では中央の青い部分だけ光って見え、無音だった。
飛行機やヘリコプターだとどんなに遠くとも音は聞こえる。
実際、飛行機はけっこう飛んでいた。
無音でかなりのスピードで月の光に向かって飛んで行く物体を見たので
慌てて撮ったのでピンぼけだが、この物体だけをトリミングしたのがこれだ。

b0219623_6524395.jpg

飛行機のピンぼけ写真ではないことはこれで分かるだろう。
もし両側のフィンみたいなものが飛行機の両翼に点いているライトなら
こんな風にはぼけないからだ。そしてライトがこんな風にぶれれば
真ん中の部分も同じようにぶれているはずだと思う。これは飛行機ではない。
そしてヘリコプターでもない。じゃあ、何?

もしこれと同じものを他の地方でも撮れた人がいたらこれは人工衛星かもしれない。
しかし人工衛星がこんなに大きく写るものだろうか。
ちなみに両翼のフィンのように見えるものは、肉眼では見えなかった。
見た感じとしてはもっと低いところを飛んでいる風だった。

なんだ、これは?

形だけを見てみれば、国際宇宙ステーションがこんな感じではあるが
名古屋市科学館のサイトで調べてみたところ、
10月8日は18:52から3分間、西から北へ飛ぶとある。
方角が全然違うし、この写真の時間は 19:08 だ。
そして国際宇宙ステーションより大きい感じだ。

改めて問う。これなに?
[PR]
by galleryF | 2014-10-10 06:56 | Fujinon | Comments(0)

322 moons

b0219623_221261.jpg


3時間で322枚の皆既月食記録。
Fujifilm X-S1 三脚使用。
モードはいろいろ。
[PR]
by galleryF | 2014-10-09 00:01 | Fujinon | Comments(0)

京都ぽたぽた歩き