「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:日々のこと( 35 )

自画像を更新

b0219623_194990.jpg

この絵でリアルぼくを見つけられたらすごいものである。
[PR]
by galleryF | 2017-02-13 19:05 | 日々のこと | Comments(0)

いま、「ぶたぶたシリーズ」と平行して心理療法に関する本(専門書)を読んでいる。
精神科医が行なっているカウンセリングの詳細が書かれていて興味深い。
ぼくはカウンセリングを受けたことは一度もないのだが、
カウンセリングルームに行ったことは一度だけある。

ってことを読んでいるうちに思い出した。

大学時代、せっかく大学に入れたんだから
出来るだけ全ての施設を使わないと損!と思い(^^;
図書館では あいうえお順に全ての著書を読もうと思って本を借りまくったり
視聴覚教室がある新館の上の方の真新しい職員用のトイレ入って
職員用のウォシュレットでお尻を洗ったり(^^;;;
していたのだが笑

地下にカウンセリングルームがあるってことを学生掲示板で初めて知った。

ぼくは2年ほど引きこもっていて、親に心配かけまくりだったのだが
父親が心臓発作で倒れたのを機に目が覚め、猛勉強をしてその大学に入った。
引きこもる前も大学生だったが、そこではクラブでいじめられ(いわゆるしごき)
せっかく推薦入学したのに人と会うのが苦痛になって中退したのだった。

高校時代微分積分、ドイツ語に目覚め独学で非ユークリッド幾何学
→推薦入学で大学へ→大学生になってもひとをいじめる奴がいることを
身をもって知る→親友がリンチされ、ひとに恐怖を感じるようになる
→対人恐怖が治らないまま所属クラブでも先輩の策略にはまり
先輩を殴らされて逆制裁を受け、そのまま不登校、引きこもり。

最初の大学は空気がギスギスして合わなかったが、
2番目の大学はのんびりしていて先生も良い方が多かった。
学生も家業を継げる奴が多くて将来に対する飢えがなく
全体的にの〜んびりしたところだった。そういう環境だったのでぼくはずいぶん助かった。
ずーっと暗い穴に落ちていたように思っていたが
大学に入った途端鴨川の水がきらきら光っていてこころがうきうきした。
相性が良かったのだね。

で、図書館に入り浸って図書館司書になれば本あるだけ読めるんかな
と夢想したり、職員用のウォシュレットでお尻を洗ったりしていたのだ。
そんなときに地下にカウンセリングルームというところがあって
「つまづいたとき、悩んだとき、いつでも遊びに来て下さい」
と掲示板にちらしが貼ってあった。

つまづいてもいないし、悩んでもいなかったが、個人的に
目につく施設全部使い切ろうキャンペーンの真っ最中だったので
生まれて初めてカウンセリングルームへ行った。
その日、担当の先生はカウンセラーじゃなくて精神科医だったが
どう違うのかも分からなかった。

ただ、カウンセリングルームに入った途端、来るんじゃなかったと後悔した。
それくらい部屋の空気が違っていて、どんよりしていて視野が狭まるほど暗く
「ここは来てはいけないところ感」を感じた。
部屋中にマイナスオーラが充満していたと言えば分かるかな。
そして、精神科医の先生自身がむっちゃやばいオーラを発散させていて
マジびびった。ひとの心を治す側じゃなくて病んでいる側じゃなかろうかと思ったほど。

「今日はどうしましたか?」と聞かれ、質問の意味が分からず口ごもっていると
いきなりロールシャッハテストを受けさせられた。
こういうテストは好きなのですらすら答えていると
「物語を作るのが上手ですね」と言われ、またどういう意味かと首を傾げた。
「お父さんはどんな方ですか、お母さんはどんな方ですか?」と訊かれたが
家族を「こんなひと」という認識で見たことがないので
どう応えたらいいのか分からずこれまた口ごもっていると
急に知らない女子生徒が数人入ってきて、ぼくを無視してむちゃくちゃ喋り出した。
先生がそっちを対応している間に、ぼくはすーっととんずらした。

という、素敵な思い出。。。ずーっと忘れていたけど
この本の中に出てくる、ちょっと痛いクライアントのエピソードを読んでいたら
なんとなく思い出してしまったので夜中に吐き出し。
[PR]
by galleryF | 2017-01-22 21:35 | 日々のこと

ランドリー掃除

b0219623_2131249.jpg

今日は天気が良かったので、朝起きて
家中の窓を開けた。冷たい風がカーテンを揺らす。
洗濯して、干して、ついでに洗濯機周りを整理した。

古い洗剤、未使用の洗剤を見つける。
使えそうで使いにくいカゴがずーっと洗濯機の前にあるけど
埃だらけだったので洗剤で丸洗いした。
棚の向こうに落ちていた誰のかわからない古いヘアクリームを
発見。問答無用で廃棄。庭木を剪定するときに使っていた
メガネの上からつけるゴーグルも埃だらけで出てきたので
丸洗い。乾いた洗濯物をタンスに放り込んで
(以前は丁寧に畳んでいたけど、最近はもう放り込むだけで良しとしている)
脱衣所の足拭きマットを3枚とも洗濯して天日に干す。

脱衣所の床を除菌クィックルワイパーで拭く。
風呂釜洗浄の洗剤を投入して風呂釜洗う。
棚の奥から未使用のトイレ洗剤が出てきたので
空になった容器に入れ替え、ついでにトイレ掃除した。

階段も掃除しなきゃ、玄関も掃除しなきゃ、雑草も抜かなきゃ
庭木の剪定もしなきゃ。あれもこれもあるけど
今日はランドリー周りの整理と掃除で1日が終わった。
[PR]
by galleryF | 2016-12-18 21:24 | 日々のこと | Comments(0)

先達

今、この人にハマっている。
この人の言葉に。
この人の教えに。
大愚元勝の一問一答

テレビを見てもつまらない時、テレビアプリを終了してYouTubeに切り替え、
この人の番組を聴く。
朝、時間が許す限りこの人の言葉を聴く。

心穏やかを学ぶ。
考え方のヒントを知る。
生き方の間違いに気づく。

思い起こせば、その時その時に
ぼくが自ら道を見出せるように照らしてくれた先達がいた。
彼らは知り合いではなく、友人ではなく、先生でもない。
ぼくが一方的に感動し、一方的に「師匠」と思い
一方的にハマって、

来る日も来る日も彼らの言葉を貪った。
大学時代は紀野一義さんの本を読み漁った。
伊勢英子さんの「カザルスへの旅」は何度も読み返し、その度に新しい感動に出会った。
身近にいなくても、近所に住んでいなくても、
地面と空気でつながっている、なんて青臭い認識をわざわざ持たなくても

勝手に感動して、勝手に読み漁って、勝手に見て、勝手に聴いて
そして、勝手に「師匠」と思い、勝手に「先達」と思って
その生き方、考え方、気づき方を
ただ
一方的にぼくが吸収しているだけ
だけど。

この人の言葉を聴いていると、大学時代に出会ってすごく好きになったのに
大学を出たらそんなことすっかり忘れてしまっていた
「正法眼蔵随聞記」
を、また読み返したくなってきた。なぜだかは知らないけど。

More
[PR]
by galleryF | 2016-12-10 20:43 | 日々のこと | Comments(0)

ちま

今、水槽の電気をつけて眺めていたところ、
底砂の上をものすご〜く小さいものが動いていたので注視すると、
それはそれは小さい小さい、エビの赤ちゃんでした。
まだ1匹しか見つけられていませんが、
9月に買ったミナミヌマエビ、10尾がどんどんいなくなって、
この水槽に合わないのかな、と思っていたんです。
夏に膝を痛めて、水換えが出来なくなったこともあり
水質悪かったのだろうな、と思っていました。
膝がましになったので、先日の日曜日に水を換えて、大幅に水を足しました。
その時すでに赤ちゃんが底砂の上を歩いていたのかと思うと、
ひょっとして汚水を吸う時、一緒に吸っていたかもと思うと
あちゃ〜(>人<;)
と思わないでもありませんが、そればかりはわからないことです。
そして、増えているとは知らなかったものだから、
昨夜、新しいエビをポチッと買ってしまいました。

アルジーライムシュリンプ(ヌマエビ亜種)とチェリーシュリンプ(ヌマエビ亜種)。
ああ、交雑してしまう。。純潔が。。
と言うほどマニアではないので、いいと言えばいいんですが。。

新しいエビが気持ち良く過ごせるように、もうちょっと水換えの頻度を高めよう。。
こんなに簡単に水槽内で繁殖するって知っていれば、
夏に底砂をソイルに変えておけばよかった。。
まぁ、膝が痛かったからできなかったことだけれども。

エビの赤ちゃん、写真に撮れたらお見せしたいです。
チャレンジしてみますので、お楽しみに。
魚ほど動きが早くないのでマクロで追えると思います。
[PR]
by galleryF | 2016-12-06 07:41 | 日々のこと | Comments(0)

やかましい

バチャン…バチャン…バチャン
遠くで何かの音がする
ゆるく束ねた木材を倒しているかのような音。

うるさくて
気になって
目が覚めた。

時計を見たら朝にもなっとらん3時半。

やっかましいなぁ。。

音は断続的に聞こえてくる。
近所に工事現場があるので、こんなに早く資材を搬入しているのかと思った。
苦情の電話したらんといかんな〜。
そうか
実際に工事現場行って、責任者にクレームつけた方がいいかもしれん。

せっかくの休みや、ちうのに
今日ぐらい、ゆっくり寝かせてくれや。。(( _ _ ))..zzzZZ

眠れなくなって、布団の中でゲームして
敵をやっつけて、でもまだ音がする。

どないやねん(ーー;)

えい、もう。。
とりあえず朝ごはんを食べて
散歩がてら工事現場へ行ってみた。

シーン。。。真っ暗。。。。

こことちゃう。。。。どこやねん。。。
まさか、ぼくの脳内だけで聞こえていた、脳内騒音とちゃうやろなぁ。
クレーム電話、入れんで良かった。
下手したら、近所の変人さん確定するところやった。

それにしても、この音は。。脳内よりも外から聞こえてきた気がするけどなぁ。
[PR]
by galleryF | 2016-11-23 09:08 | 日々のこと | Comments(0)

ハヤイ

b0219623_22213597.jpg

ポルタにはもうクリスマスツリーが飾ってあった。
2ヶ月早いんじゃね?
と、いうことは?
来月にはお正月、再来月は節分を飾るんだろうか。

b0219623_2223025.jpg

iPod touch G6 用のシェルと保護シートを買いにヨドバシカメラへ行ってきた。
保護シートはいつも少しずれるのがご愛敬なのだが、
なんと、魔法のツール付属、シェルとシートがパッケージされた製品を買って
この魔法のツールのおかげで全くずれず、全く気泡が入らず、全く埃も挟まず
すごく綺麗に貼れたので気持ちが良い。
「まっすぐ貼れる魔法のツール」で検索してみてください。

それからカメラ売り場へ行って、ようやく Pentax K-1 とご対面することができた。
フルサイズにしては小さく軽くまとまっているという評価だが
やはりぼくの手には大きすぎ、重すぎた。
フィルムでガンガン撮っていた頃にこう言うカメラがあれば勢いで買っていたかもだが
もうだめだ。

ファインダーを覗いてシャッターを切ってみた。
シャッター音が今までぼくが使ってきたどの Pentax より小さくなっていたのが良かった。
ボディが大きいのでシャッターユニットの周りのなんだかんだの体積が大きく、
シャッター音が小さいというよりは篭ったような感じ、外へ漏れない感じ。
あと、不思議な動きをする液晶モニターも動かしてみた。
ギミックがわかると「な〜んだ」という感じ。
せっかくの防水防汚仕様のボディだが、このモニターを動かすヒンジの根元に
砂が噛んだらアウトだな〜と思った。

大きくて重い K-1 より K-70 に興味があったのだが、
実際に持ってみたら、ちょっと興味がなくなってしまった。
K-S1, K-S2 の流れをくむややロボット的なゴツさ。
手袋をはめた手でも操作できるのが売りだから、仕方がないのかもしれない。
だが、K-70 を買うより K-S2 の方が小さくて軽い分良いかな、と思う。
K-7 も K-5 も *istD すらも現役なので買わないけど。

全天球カメラ theta も見たが、想像していたよりでかくて引いた。
もっと小さいのかと思っていたが、棒付きアイスキャンデーぐらい平べったくて大きくて長い。
これ持って手を高く掲げたら、ムッチャ目立つだろうなぁ。

ニコンのアクションカメラも見てきたが、
Key Mission 80 はなかなか興味深い。
小さくて薄いのがいい。変にGoPro化していないのがいい。
昔よく使った Sony CyberShot U30 の代わりに欲しいかもしれない。

Apple のブースがあって、Appleから来た人が製品の説明をしていた。
Apple Watch を初めて見たが、どれもでかい気がした。
女性用の小さいやつもぼくからすればでかい。
おそらくだが、あの画面の四角がでかく見える原因なのだろう。

前にノートが欲しいと書いたが、MacBook Pro の古い方を見てきた。
USBがさせるので、買うならこれだな、と思っていたが
すぐ隣にあった iPad Pro とBluetooth keyboard の組み合わせを触ったら
あまりに普通に快適に日本語が打てるので感激し
Bluetooth keyboard を買ってきて、iPad Air につなげたら
別にノート買う必要がなくなった。
しばらくこれで Pages と Numbers を使ってみて、
支障が出るようなら、Excel for Mac を買えば良いかな、と考えを変えた。
[PR]
by galleryF | 2016-11-12 23:09 | 日々のこと | Comments(0)

だらだら

日曜日に西院のJ&Pへ行ったんですが
ちょうどJ&P前でハロウィーンの仮装パレードが行われていました。
大学生ぽいのが長蛇の列で仮装して

だらだら歩いていました

雰囲気出せよ!

真昼間だったので、明るい中では
おばけもパンプキンも間抜け以外の何物でもなく
軽トラに積まれた何かの造形も記憶にないほど作り込みが甘く
ただ、軽トラの真後ろで本気で?踊っていたカップルだけが
異常に目立っていました。

やはりアレですね、ハロウィーンは夕暮れ時じゃないと雰囲気がない。
そしてそれはパレードではない。
考えてもみてください。
おばけが、なぜ整列して歩くんでしょう。
変です。

そもそも、ハロウィーンはアメリカの収穫祭と聞いていますが
日本人は何をしているのでしょう。
警備のおまわりさんがかわいそう。。笑

撮る気にもならなかったので、写真はありません。
そして、せっかく行ったJ&Pに Pentax K-1 はまたしてもありませんでした。
いつになったら、触れるんやら。。
[PR]
by galleryF | 2016-11-01 07:43 | 日々のこと | Comments(0)

さとい

b0219623_19534983.jpg

せっせと食べて
種を蒔いた春の柑橘類。
芽が出て、葉が出て
喜びもつかの間、知らない間にアゲハチョウが卵を産んで
幼虫たちに丸裸にされました。

見つけては殺していたんですが
殺すのも気がひけるようになり、
ピンセットでつまんではお隣のお庭に(; ̄ェ ̄)

丸裸のまましばらくすると葉っぱが復活。
したのもつかの間、アゲハ第二弾が襲来。
また丸裸に。

あれですね、みかんの大きな木に産卵すればいいものを
こんな小さな植木鉢に生えている
ほんの小さな苗にすら、容赦なくいっぱい卵産むんです。
いっぱい卵産んだら、いっぱい幼虫が生まれて、
毎日ぐんぐん大きくなります。
そうしたら、早晩全部の葉を食い尽くすわけですから
どう腹の兄弟が餌をめぐって血で血を洗う争いに
幼虫はそんなことしませんが、
結局何割かは飢えて死ぬわけです。

大きい木に産卵しておけば、そんなリスクもないのに。

小さい頃はこのように鳥の糞に擬態していますが
大きくなると皆さんご存知の、青虫になります。
この黒い小さいのが、なかなか見つかりづらく
ピンセットでつまんではお隣にペイ、つまんではお隣にペイ。
いや、お隣には柑橘類の木ありません。
お花ばかりです。
結局、ぼくが殺さなくてもありのご飯になるんだろうなぁ。

さて、柑橘類はアゲハの食草ですから、
第2期はブドウの種を植えてみました。
巨峰、甲斐路、コンコード。
いつか自前のフルーツが食卓に並べば、フルーツだけで暮らしていけるかな。

それは夢?それとも幻?あはは、うふふ。
[PR]
by galleryF | 2016-10-28 20:08 | 日々のこと | Comments(0)

お盆休みはビデオ三昧

今日までお休みでした。
どこへも行かず、何もせず、また〜り過ごしました。
しかし家の中も暑いので、せめて視覚からだけでも涼しくなろうと
こういうビデオを見ていました。

アイスエイジ
アイスエイジ3
ハッピーフィート
ダイノサウルス

久しぶりに見るんですが、ダイノサウルスの映像表現は現在見てもすごい。
恐竜のお肉というか、お肌というか、タプタプ動きます。
[PR]
by galleryF | 2016-08-16 16:58 | 日々のこと | Comments(0)

京都ぽたぽた歩き
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28