火星・テレポート地点

グーグルマップで火星を探索していて、
ここ、もうちょっと大きくならんかな〜と思うことがあります。
画像の、右下をご覧いただくと、例えばこれだと
10kmと書いてあって、その右に白い線が示されています。
この長さで10kmですよ、という指標ですね。
b0219623_9591548.jpg

で、ダブルクリックしたりプラスボタンを押したりしてクローズアップ、近づいていくんですが
高解像度地域でも、この距離の数値は20mが最大です。
ぼくはマジックマウス2使っているんですが、
マウス表面をフリックしてもズームアップするんです。
で、勢いをつけてフリックすると20mより近寄れることに気がつきました。
b0219623_1021280.jpg

これで10mです。
NASAは本当はものすごい高解像度で撮影していて10mまで詳細に見えるのに
なんらかの電子的制限を設けて20mしか解像できませんよ、としているのかな?
と思ったり、画像は荒くなりますから、単純にグーグルマップのバグかな?
とも思います。
これが、どの地点でも10mまで近づけるならバグの可能性もあるのでしょうが、
近寄れるポイントがあったりなかったりするんです。
で、一度離れると、そのポイントが分からなくなるので
あっちでフリック、こっちでフリックしているうちに
とあるポイントで変な白いマークが現れることに気づきました。
b0219623_1073154.jpg

なんだ、これは
と思ってこの白丸にカーソルを当てると、みょ〜んみょ〜んと脈動するのです。
画面を動画で取り込むアプリ持ってないのでお見せできないのがアレなんですが、、
で、この白丸のポイントでフリックすると
なんと、地球にワープするんです!
b0219623_1011785.jpg

URLが火星のままになっていることに注目してください。
こんなバグがあり得るでしょうか?
ひょっとしたらテレポート地点を探り当てたのかもしれません(妄想爆発)。。

b0219623_10193237.jpg

グーグルビューなので、ぐるぐるあたりを見て回ると
2010年に撮影されたマーティンロードという場所と分かりました。
それがどこかと思って引いてみると火星に戻っちゃうんです(⌒-⌒; )

(追記)
他の高解像度地域でも10mまで近づいて見えることに気づきました。
20m画像より新しいものは10m画像なのかも、しれません。
[PR]
by galleryF | 2017-09-17 00:01 | 探索