ダンマパダ

b0219623_20252015.jpg


友松園諦:訳「法句経」講談社

もう、ずいぶん前に買った本。
中学の時だったか、原点にこそ価値がある
と云う考えに取り憑かれて、できるだけ原点と接しようと思った時期があった。
ポポルブフの翻訳本を読んでみたり、
旧約聖書を読んでみたり、
そして仏教ではブッダの言葉を一番最初に編纂したと言われる、
法句経
を買ったのだった。

最近、縁あってまたこの本を手に取った。
前回読んだのが買った時読んだ時だったが
内容のほとんどが難解すぎて1/3しか読めていなかった。
(例によって自作の読書カードが1/3の所に挟まったままだった)

大経、観経、いろんなお経があるけど、法句経が一番好き
と、思った時期もあったのに。そして書籍としての「法句経」は
自宅の本棚に、目の前にずーっとあったのに。
ちらちらと背表紙に目をやることもあったのに、
ずーっと手に取らずにいたのだったけど。

この日、ぼくは黄ばんだ古い法句経を手に取り
読み始めて、たった1日で半分も読み進め
背伸びして買ったけど理解できなかったあの頃よりも
いろんな経験をしていろんな人を見てきて
ようやく今になって、法句経の中身を理解できる自分に気づいた。

「他人の邪を観る無かれ
他人のこれをなし、
かれの何をなさざるかを
観る無かれ
ただ己の何をなし 何をなさざりしを想うべし」

「無益の句よりなる、その言葉
たとえその数 千ありとも
それを聞き 心のやすけきを得る意味深き一句こそ
はるかにも勝る」

「旅に行きて
自己に勝り
はた
自己に等しき人に
逢うことなくば
むしろ独り行くことに心を固めよ
愚かなるものを 友とすべきにあらず」

う〜ん。アドラーだなぁ。。ブッダの言葉ってアドラーに通じるものがある。
[PR]
by galleryF | 2017-01-28 20:28 | 読書感想