祭だ祭だ、餌祭

b0219623_6534044.jpg

餌を文字通り餌にしてようやくピントが合った。
右2尾がスカーレットジェム、学名ダリオダリオ。
左2尾が学名ボララスブリジッタエだ。
どちらも小ちゃい小ちゃい赤くなる熱帯魚。
雪の様に降っているのが餌の冷凍ブラインシュリンプベビー。
ブラインシュリンプを湧かした経験のある人は一目で分かると思うが
ひれもつぶれずに形がきっちり残った状態。
冷凍されたときにつぶれていないって驚異的な技術だね。




b0219623_6573579.jpg

b0219623_658077.jpg

b0219623_65831100.jpg

b0219623_6585247.jpg

b0219623_6591897.jpg

b0219623_6594856.jpg

上は餌を与える前の餌待ち顔。
b0219623_731698.jpg

上で食べられる強い個体が残した餌はゆっくりと沈んでいき
弱い個体がさらってくれる。乾燥イトミミズはなかなか沈まないので
この子たちはずーっと餌らしい餌を食べられずに文字通りお腹を減らして
漂っていた。その点、冷凍ブラインシュリンプベビーはゆっくり沈んでいき
砂利の間に落ちていく。それを落ち穂拾いしてようやくお腹がふくれた。
乾燥イトミミズだけじゃあ、この子たちはいずれ餓死していただろう。
[PR]
by galleryF | 2012-06-15 07:08 | 撮影日記